美容成分レチノール


いつもありがとうございます


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment




美容成分のひとつレチノール

よく耳にしますが、その働きのことを簡単にまとめてみました。



美容成分「レチノール」

  • ビタミンAの一種

  • ビタミンAはニキビなど炎症を抑える治療薬、その使用過程でエイジングに対抗する働きが明らかになりアメリカの美容業界で一世を風靡した美容成分。

1、コラーゲンの産生をサポートする

  • 若々しい肌に不可欠なコラーゲン、そのコラーゲン産生に深く関与しているレチノール。

  • 肌を土台からふっくらさせ、毛穴のゆるみや、フェイスラインのもたつきに効果的。

2、肌のターンオーバーをスムースにする

  • ターンオーバーとは細胞が生まれ変わること。肌本来がもつ潤いや、シミの原因となるメラニンを排出する大事な機能。

  • レチノールは、このターンオーバーを促してくれる。

3、ヒアルロン酸産生をサポートする

  • ヒアルロン酸は、1gで6Lの水分を抱え込むことができる高保湿成分。

  • レチノールは水分をしっかり保つことをサポートする。



レチノールは食事からも摂取できます。

  • レバーや魚介類、緑黄色野菜など。

レチノールの弱点

  • 不安定な成分で、紫外線や熱、空気による影響を受けやすい。

  • 化粧品成分表示や医薬部外品表示名には、レチノールを安定化させた誘導体「パルミチン酸レチノール」(安定型ビタミンA誘導体)。



レチノールは肌に刺激がある。これは本当です。

  • 製品によっては、朝使用しない方が良いものもあるので注意してください。