top of page

国産食品が安全?!「家族を守りたい」昨日のつづきです。



セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment



「本当は危ない国産食品」奥野修司著

ぜひ読まれてください。読むべき本だと思います。


まさかここまで酷いとは、正直私は思ってもいませんでした。

日本産、国産なら大丈夫だろうと単純に思っていましたが間違っていたようです。


2018年 日本のペットボトルのお茶(9検体)からネオニコチノイド系の農薬が検出された。

  • 検出された濃度は数%、、、過度の心配は不要、、北海道大学 池中准教授。


  1. 検査した茶葉39検体

  2. ペットボトル9検体・・・・・①②の全て、ネオニコが検出された。




なぜネオニコの分析をしたのか?

長野県で子供の尿に含まれているネオニコを分析したらほぼ全員の子供からネオニコが検出された。

このネオニコは何処から体内に入ったのか?

日本人は日常的にお茶を摂取しているので、お茶を検査した。

そして、つまり私たち日本人は「日常的に農薬を摂取している!!


  • 日本という国、土地柄が、高温多湿なので農薬が必要。、、、北大 池中准教授

  • 同時にスリランカの茶葉(紅茶)も検査したが、ネオニコは検出されなかった。


東京都が毎年実施してい調査がある。

『国内産野菜・果実類の残留農薬実態調査』

この調査によると、約6割の農産物からネオニコが検出されている。

  • きゅうり、ほうれん草→100%

  • トマトやきゅうり → 高濃度

  • 人参・ブロッコリ・スイカ → 検出ゼロ

露地栽培よりハウス栽培の方が比較的高い濃度で検出された。

  • ハウス栽培に使用されるビニールは柔らかく、時間経過により劣化しやすく、それが地面に落ち、栽培される土と混ざることになり、その土で野菜果物が育つことになり、これも問題になっている。

日本では、

  1. 野菜・果物は見た目が非常に大事ということで、B品になると安値で取引されるため『農薬』を撒いて見栄えを良くせざるを得ない状態の農家の実情がある。

  2. 国が定めた残留基準値内の農薬だから違反でない。


国が定めた残留基準値について

  1. 日本の残留基準値は、EUなどに比べて基準値の設定が非常に緩い

  2. お茶を比較の対照としているのでEUはお茶を生産していないからではないのか。


お茶を生産している台湾と比較してみた

  • チアクロプリド600倍

  • チアメトキサム20倍

  • アセタミプリド15倍

日本の基準値はとても緩い。


ネオニコが安全と言えない理由

  • 農薬による、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥・多動性障害(ADHA)など発達障害への影響が研究されつつある。

  1. 日本:胎児期に曝露された場合、成長過程の影響を調べる発達神経毒性試験が義務付けなし

  2. アメリカ:義務付けあり。


ネオニコの問題

  • 人に対して、吐く、などという目に見える形がない

  • 昆虫の『中枢神経』に働いて殺す仕組み。

形は違っても、似た神経回路が人間にもある。

農薬が少量なら安全?

神経には少量でも作用する。

  • 健康に影響が出る可能性があるのは何十年も先であり、症状が現れたとしても、その原因が農薬なのかわからないまま、結局原因不明となってしまう。。。?!


日本は農薬を大量に使用している

戦後、有機塩素系農薬(DDT、BHC):毒性が強く、80年代に使用禁止となった。

80年代以降、有機リン系殺虫剤(呼吸困難にして虫を殺す。人間には毒性が低いとされている?

                          ↓

*子供の脳の発達に影響があることがわかっている。

*EUでは次々に使用禁止となった。

という世界の状況にもかかわらず、日本は90年代以降、ネオニコ(神経伝達を撹乱して昆虫を殺す。)を使用している。ネオニコは人に安全な殺虫剤なのか?




「世界各地でミツバチが巣ごと消えてしまう」このニュースを覚えていますか?

ネオニコに神経毒性があることがわかっていて、

EU、ブラジル、韓国なども使用禁止が相次いだ。

なのに、日本は緩和した!



ネオニコの特性

  • 水に溶けやすい。→→→ 植物全体が農薬漬け。

  • 虫が葉っぱを食べると死ぬ。→→→ 植物全体が農薬漬け。

  • 油にも溶けやすい。

  • 細胞膜を通り抜ける。

  • 熱に強く、煮ても毒性は無くならない。

  • 血液中には分解するための酵素がなく、脳に入り込む

  • 農薬は洗っても落ちない。

  • 生後1~2日目の新生児の尿からネオニコが検出されている。


マウス実験:母マウスに口から飲ませると、1時間後には胎児の血液に存在。(胎盤関門を容易に突破している!!)



これまでのことから、日本人は生まれる前から死ぬまで農薬に汚染され続けている。という事実



ネオニコチノイド系農薬の恐怖

  1. 私たちの体は、お茶を飲むことで農薬に汚染されている。

  2. ネオニコは、昆虫に浸透し、中枢神経に働き殺す仕組みとなっており、似た神経回路は人間にもある。

  3. これまで「農薬は少量なら安全」と言われてきたが、神経には少量であっても作用する。



昨日のブログはココで一旦終えました。

文字ばかりですが、ぜひつづきにも目を通して下さいね。




もはや国産野菜・果実は安全と言えないのでは? 大丈夫ではないよね日本!


農薬三大国

①中国

②韓国

③日本



県のガイドラインで農薬の撒布回数が定められている。

→ →→ 驚くほど多い回数。


農家も危険な農薬を使わないよう努力している。→ しかし見栄えのよい綺麗なものでないと出荷できない。

  1. 形が均一

  2. 表面に傷がない

  3. ピカピカの野菜や果実、、、これらを好み、売れる日本

上記のような野菜は自然に作ることはできない。

農薬や化学肥料をたっぷり使わないと、こんな野菜は作れない。




食政策センタービジョン21 安田節子代表

  • 稲にカメムシがつくと米粒に黒いシミができる。

  • 米1,000粒に1粒以下なら一等米

  • 2粒から3粒なら二等米

等級が下がり、それにより農家の収入も減ってしまう。

農家は一等米を目指してネオニコを使う。しかし消費者が買うお米に等級はない

農家に農薬を使わせるため?!





ハウス栽培のものは農薬撒布回数が増える

例:イチゴ

イチゴの旬は4月から6月 → クリスマスの12月に時期をずらしたイチゴ

  • 季節に逆らうと植物が不健康になり、害虫の被害を受けやすくなり、農薬を大量に使用する必要が出た。



減農薬栽培と言われるものは、まだ大丈夫だよね?!

  • 農薬撒布をガイドラインの半分にすると特別栽培(減農薬栽培)として認められる。


例:イチゴ

農薬撒布回数63回と定められている。→ 農薬撒布回数を31回にするなら、農薬の量が半分になってヨカッタはず。。。


ネオニコの昆虫への毒性は、これまでの農薬より強く浸透性が高く、土壌中の残留期間が長いので簡単に減農薬栽培が可能。

減農薬、特別栽培、、、必ずしも安全とは言えない。



残留農薬基準値にも問題がある

「残留農薬基準値」とは

収穫後の農作物に残留する農薬の上限を定めたもの

基準値となっているのが、「一日の摂取許容量(ADI)」

  • マウスに無毒性量✖️100分の一大した根拠のないまま決められた数値)

  • また、私たちは一種類の農作物しか食べないわけでない。複数の農作物を食べている。

つまり

摂取する農薬全体で、ADIを超えないよう、年間摂取量を加味して、農作物ごとに残留基準値を決めている。


フォードファクター:各国お食習慣の違いを反映

国民がどんな食品を1日に平均何g食べるのかを数値化したもの。

これを使って残留基準値を決める。


例:毎日お茶を飲むなら残留基準値を小さくする、などといったこと。

●設定がかなり恣意的で厳格なプログラムもなく、日本は『経験則』で決められている。

なんとなくで決める日本



お茶について、もう少し、、、

  • 日本より基準値が低いのは中国とインドネシアだけ!!!!!!

  • ネオニコ系のジノテフランはEUの2500倍の基準値!


数値の大幅な変更(厚生省)

  1. 2013年まで    枝豆0,1g    いちご0,3g

  2. 2013年以降    枝豆1,7g いちご5,4g

  3. 2015年には、クロチアニジンとアセタミプリドの残留基準値を大幅に緩めた。

  • クロチアニジンは最大2,000倍

  • アセタミプリドは最大1,000倍→残留基準値はADIの8割を超えないことになっているから、いきなり2,000倍はあり得ない。


例:ほうれん草

  • 厚労省は妊婦に勧めている野菜(葉酸)

  • 一束食べると8,4gのクロチアニジン

  • 体重55kgの妊婦の場合、5,33gも基準値を超えてしまう。

そして、これが安全なのかというデータは公表されていない


厚労省
パブリックコメントを募り、多数の反対意見が集まったが、何もなかったように残留基準値を40ppmに決めた。


  • 2016年チアメトキサム緩和

  • 2018年ジノテフラン緩和、、、TPP、、、日本はアメリカの基準に合わせたのか??????


国産は安全、、、、もはや神話

  • 県のガイドラインで農薬の撒布回数が決められていて、それが驚くほど多い。

  • 季節に逆らった栽培方法は植物を不健康にし、農薬を大量に使用する必要が出てくる。

  • 残留基準値が「経験則」で決められ、数値が大幅に変更されることがある。




国産だから安全ではない

  • 輸入により国内の生産者価格も安価に。

  • 農薬を使わない工夫より、政府が決めた基準値内で農薬を使った栽培の方が楽ちん。

  • 農薬を使わない場合、研究や勉強をたくさんしないといけない。



とはいえ、なぜ日本だけが農薬大国になってしまったのか?

消費者が農薬に関心が薄い。
毒性が目に見えないほど進化している農薬。


病気になるのも自己責任、と言われる時代。

発達神経毒性や世代を超えた毒性などから自分の家族を守りたいなら知っておくべき。




ネオニコの不妊リスク

  • 鶏にネオニコを投与すると、抗酸化酵素が著しく減少した。

  • ラットの無毒性量を参考に少量を6週間与えたところ、雄(鶏)の精巣のDNAが壊れ、細胞が死んでいた


人が酸素呼吸すると活性酸素が生まれる(活性酸素:生物にとっては遺伝子を傷つけるもの)のだが、体内に抗酸化酵素があるので大丈夫。

  • ネオニコ投与すると、抗酸化酵素が減り、生殖細胞がヤられる。

  • がん化を促進する元凶。

  • メスの産卵率も下げた。


ネオニコと腸内細菌叢の関係

例:マウスにクロチアニジンを28日間投与

無毒性量でも腸内細菌叢に変化がみられた。

自己免疫性疾患やアトピー性皮膚炎が農薬が原因で起きているかもしれない。と言われている原因に、炎症を抑える善玉菌が減っていた。

腸内細菌叢が変わり、自分の細胞を攻撃し、アレルギーや炎症が起こる。

その結果、消化管不良や癌になるかもしれない。



腸内細菌叢の変化は脳にも関係する

  • 中枢神経のミクログリアが活性化し脳に炎症を起こす。

  • 農薬は肥満、ADHD、認知症などのさまざまな病気の一因となっている可能性が指摘されている。


農薬の毒性

  • 国産だから安全とい言葉を鵜呑みにしてはいけない。

  • 消費者が無関心だったからこそ日本で大量の農薬が使われてきた。

  • ネオニコは不妊のリスク、免疫異常、肥満、ADHD、認知症などざまざまな病気の一因となっている可能性が指摘されている。



日本の農作物は安心安全と思いがちですが、それは神話レベルになっているようです。

私もなるだけオーガニックの野菜や果物を買うようにしていますが、さらに気をつけなければと思います。

減農薬栽培、特別栽培という本当の意味を知りませんでした。騙されていた!と思う方もいらっしゃるでしょうが、それがどんなものなのか調べるべきなんですよね。

驚きましたが、勉強になりました。


サロンでは衛生面に十分注意しております。

ご不安なこと、ご質問等がございましたら、ぜひお問い合わせ下さいね。





精油の香りとオイルの効果効能

肌に触れるタッチングを用いることで

  • 女性特有の痛みや辛さを緩和したり

  • ストレスや疲労を軽減させ深くリラックスできるようになることで

  1. 深い呼吸をえられ

  2. 血の巡りが良くなり

  3. 副交感神経の働きを優位にさせ

  4. 姿勢が整い

  5. しっとり弾力のある肌へ導く

  6. 健康と美容にアプローチするアロママッサージ施術です。

食事やエクササイズなどの生活習慣を少し見直すことで、体も心も元気で綺麗で過ごして頂けるようお手伝いする、女性の幸せのためのホリスティックなサロンです。



最新記事
アーカイブ
タグから検索