お腹の広く深くに沁み渡るキュアリングしたセサミオイルの効果とは。便意に大いに関係します。

女性のライフリズムを快適にしたいtaeAromaです。

『梅雨だる』「五月病」予防のキャンペーン人気です。お腹のオイルマッサージの心地よさ、体感すると病みつきになるようで、嬉しいなぁ。

お腹に触れると色々なことがわかります。でも当のご本人は、自分の身体のことは分かりづらいようです。それは、他人と比較しながら触れたりする機会もありませんから、普通は分かりませんね。

今回のキャンペーンでは、お腹のオイルマッサージの所要時間を、たっぷりめに取り入れていますが、多くのお客様は、胃腸の不快感が普通になっている様です。改めて慣れは怖いと思う今日です。

そこで今回は、女性には大問題の「便秘」について整理してみました。

便秘なのに便意を感じない方が意外に多いなぁと感じています。数日間に渡り便が出ていない、便が出ても腸に残っているのに便意がないのは何故かな?

[便意とは、便がしたい感覚が起こることです。]

⑴食事やおやつタイムで口から食物が入ると、消化&吸収されながら大腸まで

 届き、大腸が収縮する運動(蠕動運動 ゼンドウウンドウ)により、肛門の手前の

 直腸まで移動し排泄されます。

⑵便が直腸まで移動すると、圧力を感じ直腸反射が起こり、直腸反射と同じタ

 イミングで骨盤内蔵神経等へと刺激が伝わり、そのサインが脳に送られ便意

 をもよおします。

⑶でも、その便意が何かの原因で起こらなくなると、便が腸に溜まり便の水

 分が腸に吸収され硬くなり、さらに便が溜まりひどい便秘となります。

[便意が起こらないのは何故?]

⑴便意があるのに、我慢してトイレに行かないと便意を感じなくなります。便

 意の刺激に身体が慣れてしまい、直腸まで便が来ていても感じにくくなって

 しまいます。

⑵腸内の細菌(悪玉菌&善玉菌)のバランスが悪くなり、収縮運動(蠕動運

 動)を抑えてしまい便意を感じにくくなります。

自律神経が乱れて、脳の中枢神経と副交感神経の作用で起こる便

 意が正しく働かず便意が起こらなくなります。ストレスや