虫歯と食事


いつもありがとうございます


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment




今月は歯のクリーニング月なので歯医者さんにまいります。歯周病はないものの、虫歯になりやすい体質?らしく、定期的に診てもらっています。



デンタルフロス、デンタルピック、電動歯ブラシ、普通の歯ブラシを使って、丁寧に優しく歯茎と歯のお掃除を毎日しています。特に夕食後に念入りに歯磨きをしています。



  1. 虫歯や歯周病が原因で全身の病気になる。

  2. 歯、口の中は全身に繋がっている。

ということを知ってからは真剣に歯磨きをしています。



皮膚ようのに、歯もターンオーバーしてくれたらいいのに、永久歯と言わず生え変わってくれたらいいのに、と都合のいいことを願ったりしてしまいます。が、そんなことはありませんから、現在の歯を大切にしなくてはいけませんね。




著者:小峰一雄



小峰先生の著作によると、歯の中の象牙質の中に、DFTという液体輸送システムが備わっているとこのと。


DFT (Dentinal Fluid Transport、 象牙質内の液体移送システム)

  • 歯の中の象牙質の中に、DFTという液体輸送システムが備わっている。

  • この仕組みにより、食事により栄養素が歯に届けられる。

  • 歯は独立した硬い塊でなく、DFTという機能によって全身と繋がっている。

DFTの役割

  • 歯の修復。(ただし歯は生え替わらない。修復してくれる。)

  • 歯周病菌から歯を守る。DFTの液体に含まれる免疫細胞が歯を守る。

DFTの働きがストップすると、歯が黒ずみ、全身の病気につながってしまう。

DFTって良いことばかり、、、でもなくて、あるスイッチが入ると『逆流』してしまう。
  • すると口の中の無数の細菌が歯の中に入り込み、虫歯を作り、体内に入り込んで全身の病気を引き起こしてしまう。

DFTの逆流を引き起こすスイッチとは

  1. 砂糖の摂取

  2. ストレス

  3. 運動不足

  4. ビタミン、ミネラル不足

  5. 薬剤の使用