アーシングで心身の充電を


EARTHING (アーシング)ご存知ですか?


女性の幸せのための

ホリスティックなアロママッサージ専門店 taeAromaです。


アーシングとは

  • 裸足になって大地に立つことで、地球と電気的に繋がり、健康を促進する健康法。

  • 体が地球に触れると、体内に溜まった有害な静電気が地中に排出しされ、同時に地中からの自由電子が取りこまれることで、恒常性が正常化し、免疫機能が促進される

参考:Jujube Hawaii Clinic


グラウンディングと似ていますね。日本語でいうところの「地に足をつけて生きる」ということのようです。



ヒトが生きていくためには

  1. 食からの栄養

  2. 呼吸による酸素供給という栄養

  3. 太陽光によるビタミンDの光合成という栄養、プラスその排出が必要。

  4. 地球と繋がる事で得る電子という栄養の供給や排出が不可欠。


この生命機能として大切な原点は、現在ではアーシングやグラウンディング、生活習慣医学として実践されているそうです。



ちょっと説明が難しいのですが、ヒトにとって必要不可欠なアーシング。




アーシングと言われるその行動自体は、遥か昔から私たち人間は行っています。

アーシングはムーブメントで、「グラウンディング」や「地に足をつけて生きる」と変わらないように思います。



どんなヒトでも時々感じる感覚

  • 裸足になって、土や芝生などを感じたい。

  • 浜辺などで、砂や海の波を素足に感じたい。


この裸足で地面に触れたい感覚は、どんな時に起こっているでしょうか?

  • 疲れている時?

  • ストレスを感じている時?


私たちの日常は電磁波で囲まれています。PC、携帯電話、IH、電子レンジなど電気製品を使いたい放題、電磁波や電波で溢れています。そして靴を履いて、足裏が地面に直接触れる機会もほとんどありません。



アーシングは室内でも可能なようですが、電磁波を逃すための道具が必要になりますので、ただ裸足で室内に居れば良いわけではありません。


電線や電気機器のない場所を選んで、アーシングを行う際には、30分以上の時間が望ましいようです。