「ぬか漬け」キュウリのぬか漬けで痩せるかしら?

女性の幸せのためのホリスティックなアロママッサージ専門店 taeAromaです。


興味がありつつ、なかなか機会がなく出来なかった「ぬか漬け」でのお漬物作り。

血圧が低く、塩分不足気味の私の体質にマッチしていそう、と言うことでトライしてみました。


ズッキーニ、蓮根、人参のお漬物を漬けてみました。

早速、昨日のランチにはマイお漬物を登場させ、食べる前に写メを忘れませんでしたよ。


ぬか床が新しいため、少し塩辛かったのですが、美味しくいただきました。


ミョウガやアスパラ、大根、蕪、そして卵や豆腐、チーズなども糠で漬けられます。

色々なもので試してみたいと思っています。



なぜ「ぬか漬け」なのか?

ぬか漬けに惹かれた理由はですね。。。


米ぬかを発酵させた、ぬか床に漬けるぬか漬けは、

野菜の栄養素を高めるからです。



① ぬか漬けでアップされる栄養素があります!

  • 野菜をぬか漬けにするだけでアップする栄養素、それは、ビタミンB1です。

  • ビタミンB1は水溶性のビタミンで、ぬか漬けにすると野菜に浸透されるようです。


② ぬか漬けは発酵食品:植物性乳酸菌が豊富です。

  • 植物性乳酸菌は生きて腸まで届き、腸内環境を整え便秘の改善につながります。

(腸内の常在菌の7割は「中間菌」。中間菌は日和見菌で、周りに善玉菌が多いと善玉菌になり、悪玉菌が多いと悪玉菌になるという性質の菌です。)

  • 善玉菌が酵素を作り出し、免疫力が高まり、体調のバランスが整いやすく、美肌効果も期待できます。


③ ぬか漬けのビタミン群

  • ビタミンB1:ビタミンB1は糖質の代謝を助け、エネルギーに変える働きをします。

  • ビタミンB2:脂質の代謝を助けます。

(糖質と脂質をコントロールして、ダイエットの効果も期待出来る)


ちなみに『きゅうり』のぬか漬けは、ホスホリパーゼと呼ばれる脂肪燃焼酵素が含まれていて、体重管理に役立てたい野菜の一つです。


  • ビタミンA:免疫力を維持する。

  • ビタミンE:脂溶性ビタミンで抗酸化作用があ利、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

  • カルシウム

  • タンパク質

  • 炭水化物

  • 鉄分


野菜にも様々な栄養素が含まれていて、ぬか床の材料の米ぬかにも栄養分が豊富ですから、ぬか漬けを食べることで、日々の栄養バランスが意外と簡単に改善出来ると思います。


大人バレエで伸び悩んでいる私(笑)、ぬか漬けパワーで身体を絞りたい今冬です。