口内炎に効果的な精油

いつもありがとうございます


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment


口内炎

  • ビタミン不足など栄養の質が偏っていたり、睡眠不足など生活習慣が影響して口の中にできる、小さいのになにげに痛く厄介なヤツです。


  • もやしや納豆を食べると早く良くなる、、と私が10代の頃(昔すぎる、、)薬剤師さんに教えてもらいました。

  • 先日も薬剤師さんが「そう言えば口内炎の人が増えているみたい。口内炎ならいいけど、中には癌の人もいて最近はちょっと怖い病気の一つ。」とお話ししてくださいました。



スマホなど携帯できるデバイスの使用が多くなった現代では、首や背中、頭などの筋緊張によって血の流れが滞り「口内炎」になるケースが増えているんです。そして、マスク装着によって口腔環境が悪くなり「口内炎」になるケースも見受けられます。



口内炎

  • 唇の裏側

  • のど

などの口の中のあらゆる粘膜にできます。


  • 痛みや不快感があって、食事するのが辛かったり、言葉をきちんと話せなかったり、とにかく口の中なので気分も落ち込みます。

  • ほとんどの口内炎は、数日から2週間ほどで自然に治ってしまいます。が、繰り返し口内炎にかかる方もいらっしゃいます。



よくあるタイプの口内炎は白っぽい潰瘍のアフタ性口内炎ですが、義歯や虫歯などの外的刺激によって傷ができる外傷性口内炎(外的刺激で粘膜が傷つき、細菌が繁殖して炎症が起こり、ビランや潰瘍などができる。)、カンジダ菌によるカンジダ性口内炎もあります。(苔状の斑点ができ赤くただれ、口の中全体にできる。)そして、ヘルペス性の口内炎もあるんです。(高熱が続き、舌や唇の裏側に小さな水疱がたくさんできる。)



薬剤師さんが心配されていたのは、口内炎と似た病気で「白斑症」「癌」ですね。なかなか治らない、2週間以上口内炎が続くなら病院を受診して欲しいとおっしゃっていました。(耳鼻咽喉科)



口内炎に効果的な精油

  1. ティートリー

  2. ローレル

  3. クローブ


  • ティートリー精油を使って「うがい」することで口内炎が早く解消されたり、口の中の環境を整えたりも出来ますが、その「味」が苦手で出来ない方も多く、日本で扱われている精油のほとんどは雑貨扱いのため「うがい」など粘膜に触れるものに向かないブランドもたくさんあります

  • 精油は親水性(水に溶けやすい)ではありませんから、水と精油をいくら攪拌しても完全に混ざることはありませんが、100cc程度の水にティトリー精油一滴をしっかり混ぜて「うがい」すると、口内炎だけでなく風邪などの感染症対策にも効果的です。


どちらかと言えば、「うがい」など口の中に入るものは市販のデンタルリンスの使用をお勧めします。精油入りのものが意外とあって、味も調節されていますのでとても便利です。



精油を使っていただくなら、首や肩などのアロママッサージがオススメです。上記の口内炎に効果的な精油でなくてもOK、好きな香りの精油を用いたアロママッサージオイルを作り、首や肩、なんならお顔もマッサージしていただくと、筋緊張がほぐれ、肌が整い(毛穴の汚れを排出させ肌理を整え潤いを与えます)、ストレス緩和にもなり一石三鳥!です。





サロンでは衛生面に十分注意しております。


ご不安なこと、ご質問等がございましたら、ぜひお問い合わせ下さいね。