top of page

新年で初めて爪を切る日、一月七日


セラピストLIFEを楽しくする

tae Therapist School

心・からだ・肌をアロマテラピーで整える

ホリスティックAromaサロン

tae Aromatherapy & Treatment




新年で初めて爪を切る日、一月七日


七草爪



何気なく切っている爪ですが、昔は新年で最初に爪を切る日が決まっていました。

それが明日、一月七日。




七草爪(ななくさつめ)と言われ、新年で初めて爪を切る日とされていました。

  • 春の七草を浸した水

  • 七草を茹でた汁

どちらかに爪をつけ、爪を柔らかくしてから爪を切る。

こうすることで、その年一年病気にかからない、とされています。




一月七日

七草粥を食べる

  1. 日本古来の7種類の食材

  2. 若菜

これらが邪気を払うとされ1年間の無病息災を祈る日

七草粥を食べる慣習となりました。




五節句の中の一つ

一月七日

人日の節句(じんじつのせっく)
人を大切にする日



一月七日の過ごし方

七草粥を作り、家族みんなで食べましょう。
七草を少し残して水に浸し、その水に家族全員が指を入れ、爪を浸して柔らかくし、爪を切りましょう。



七草粥



七草

  1. せり:競り勝つという意味が込められた縁起物。鉄分が多く体内の血液量を増やす。

  2. なずな:撫でて汚れを取り除くという意味。便秘、胃潰瘍や胃炎、風邪、骨粗鬆症、がんの予防があると言われている。

  3. ごぎょう:御形(仏様)の体という意味。咳や痰、喉にも良いとされ風邪予防に使われた。

  4. はこべら:繁栄が広がるという意味。胃炎や腹痛の薬として用いられていた。

  5. ほとけのざ:仏様が落ち着いて座っていらっしゃるとの意。胃腸の健康増進、歯痛にも効果があるとされていた。

  6. すずな:神を呼ぶ鈴!縁起物です。胃腸を整え、消化促進を促し、血の巡りをよくするとされている。

  7. すずしろ:汚れのない清白という意味。消化、風邪予防、美肌効果に優れている。




日本の節句



子供の頃、なんで草や葉っぱを食べるのか? 意味もわからず味わうこともせず食べていました。

大人になってからも、何が忙しいんだか、七草粥はスルーするなんてことが何度もありました。




明日、新年で初めて爪を切る日、一月七日は、ぜひゆっくり味わいながら七草粥を食べ、サロンワークに入る前には、七草の水に爪を浸してから、爪のお手入れをしたいと思います。




元日から大きな災害や事故があり、直接何かができる私ではありませんが、被災された方々のご健康とご回復をお祈りしております。





2024年1月のお休み

お正月休み明けは1月5日から通常営業いたします。




自分を大切にしよう



精油やアロマテラピー、他のトリートメントなど、心・からだ・肌に良いこと&ためになることなどをお伝えしています。



問い合わせボタン




精油の香りとオイルの効果効+

肌に触れるタッチング

  • 女性特有の痛みや辛さを緩和したり

  • ストレスや疲労を軽減させ深くリラックスできるようになることで

  1. 深い呼吸をえられ

  2. 血の巡りが良くなり

  3. 副交感神経の働きを優位にさせ

  4. 姿勢が整い

  5. しっとり弾力のある肌へ導く

  6. 健康と美容にアプローチするアロマテラピートリートメント専門店


Comentarios


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square