春のお肌:春こそ積極的なスキンケアを!

いつもありがとうございます


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment




叔母夫婦が俳句好きで、色々な所へ投稿して楽しんでいます。

さて春の季語に「春塵 シュンジン」があります。

  • 春風に舞い立つ塵をいう。雪や霜が解けた頃、早春の大地は一転して乾燥し、そこに強い風が吹くと塵や埃が舞い立つ。視界を遮るほど舞い上がることもある。

昨日の松山市は強風が吹き、体感温度が下がるだけでなく、塵や埃がまって顔や髪の毛がざらざらパサパサな感じがし、何だかくたびれてしまいました。春ならではの風ですが、顔の肌や髪の毛の乾燥を加速させてしまいます。

この春の強い風、色々なものを運んできます。

  • 花粉

  • PM2,5

  • 小さな小さな微粒子たち

これらが肌に付着すると刺激となり、痒みや赤みなど肌トラブルを招く事があります。

そして、今の季節から最も気になるのが「紫外線」です。

  • 今の時期から紫外線量は徐々に上がっていき、陽射しが心地よく感じる日であっても、その紫外線量は意外と多くて要注意しなければなりません。

春はうららか、、気分もゆるみがちですが、お肌や髪の毛はダメージを受けています。油断する事なく丁寧なスキンケアが必要です。

  1. 強い風により肌が乾くと、潤いが奪われバリア機能がどんどん低下してしまいます。

  2. 肌が乾燥すると、ターンオーバー(細胞の生まれ変わるサイクル)が乱れ、水分を保つことが難しくなり潤いがなくなります。

  3. すると外的刺激から肌を守るバリア機能が弱くなり、外からの刺激物質が侵入しやすく肌を痛めてしまいます。



  1. 花粉やPM2,5などの微粒子は、毛穴やキメの中へ簡単に侵入してしまいます。

  2. すると活性酸素が発生し、肌の老化を進めてしまいます。


  1. 紫外線は肌や髪の毛の老化を早めます。


いますぐにスキンケアを見直してみましょう。


クレンジング

  • 肌への栄養をローションや美容液でしっかり補充するために、塵や埃・微粒子をオフして、吸収の良い肌に整えるための大事なステップです。

  • 古い角質を残さず、微粒子や汚れが毛穴やキメに残さないよう、クレンジングはこだわって欲しいと思います。


洗顔料

  • クレンジングで浮かせた汚れを優しくからめとって、スッキリ洗い流せるものがおすすめです。

美容液

  • 春のゆらぎ肌に効果的な成分として、3種のグロースファクター・アミノ酸・スーパーヒアルロン酸など代謝を高め肌浸透の良いものを選びましょう。


化粧水

  • 角質層の隅々まで潤いを瞬時に浸透させる、とろみのある化粧水は優秀です。マトリキシル3,000や8種類のアミノ酸を含む化粧水を私