手当とアロマテラピーとオキシトシン


いつもありがとうございます。


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

女性の幸せのためのホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment





AEAJ 100号は楽しい記事が多かった、と思います。


記事の一つ

「手当とアロマテラピー」

今こそ見直したい『触れる』ことの力、、、の一つをご紹介したいと思います。


古代ギリシャ医師ヒポクラステは「医者たるものは医術についてのあらゆる学理とともに、マッサージも習得せよ」と力説したそうです。その理由のひとつに、


さすることで痛みがやわらぐ

  • C触覚繊維(皮膚の神経繊維の一つ)

このC触覚繊維は、皮膚をゆっくりとさすることで反応し、痛みが脊髄の神経を伝わり脳に到達するまでの間にあるゲートを閉じて痛みを抑制する働きをします。


  • 内分泌系(ホルモン)

C触覚繊維は、脳内の痛みを抑える働きのあるオキシトシンに働きかけ、オキシトシンの分泌を促します。皮膚細胞からもオキシトシンは分泌され、触れる刺激でΒエンドルフィン(脳内麻薬と呼ばれている)も分泌され、痛みを感じにくくしてくれます。


  • セラピスト(施術者)の方がお客様よりオキシトシンの分泌が多くなる!!

オキシトシンは、肌をさすること(物理的刺激)をすれば分泌されるというものではありません。思いやる気持ちをもって触れることでより多く分泌されます。セラピストのお客様を思いやる気持ち、痛みを少しでもやわらげたい・良くなって欲しい、、という温かい気持ちがあってこそオキシトシンがしっかり&たっぷり分泌されるのです。



お客様に寄り添える、慈愛に満ちたセラピストがもっと増えれば嬉しいな、、、と心から思いつつレッスンに励むtae セラピストスクールです。



AEAJ100の写真をお借りしています。


taeAromaではITEC(国際ライセンス)感染症対策に基づいた

知識のあるセラピストが衛生面に十分注意しています。

ご不安なこと、ご質問等がございましたら、ぜひお問い合わせ下さいね。