何分くらい歩けばいいですか?

更年期の女性にも癒しを ホリスティックなtae Aromaです。

サロンが松山城の近くにありますので、時々気分転換がてらお散歩に参ります。

今日もお城下公園の銀杏並木が綺麗でした。

さて、お客様からよく尋ねられます。『何分くらい歩けばいいのですか?』

  • ダイエットや減量のため?

  • 健康促進や維持のため?

内容によって、答えは変わってまいります。

余談ですが、地方に住む人ほど歩かない傾向があり、自家用車か自転車を利用されてDoor to doorが一般的なようです。

私がみなさんに、いつもオススメしている歩く時間⏰があります。

  1. まず、5分歩きます。

  2. 5分歩いたところで、5分かけて元の場所に戻ります。

  3. すると、当然ですが10分間歩いたことになります。

歩き始めは、5分10分でスタートします。

5分(10分)歩いて、5分(10分)かけて元の場所に戻る。

一回で10分間 or 20分間 歩くことになります。

(このくらいの時間だと毎日続くかと思います。続けることが大切です。)

1週間から一ヶ月は、このペースを続けます。

たぶん、早々に、もっと長く歩きたくなりますが、それは止めて、決めた時間で往復します。

この質問をされるお客様は、歩き慣れない、運動もさして好まない? 方が圧倒的。

なので、まずは歩くことに慣れること。歩き慣れれば、続けられるようになります。

歩くこと」簡単なようですが、体のバランスが悪いとしっかり歩けないのです。

そして、どこか痛いのに無理して歩き続けると、バランスの悪さ➕痛さ=歩けない、歩きたくない!になる可能性もあります。

また、これも肝心なことです!

歩く際に、五感を使って、歩くことが楽しい!ことを知ってください。

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚

味覚に関しては微妙ですが、個人的に雪や雨も風さえも味わえるように思います。

歩き慣れると、自然に色々なことに気づき始めます。

気付いた部分から改善していけば、歩くことが俄然楽しくなるはずです。

  • 歩いて筋肉を刺激しましょう。筋肉がポンプの役割を勤め血液循環を良くします。

  • ご自分の体重を乗せて歩きますから「骨」にも程よい刺激があります。

  • 足裏には反射区があり、全身への刺激となり健康維持&促進にはもってこいです。

歩き慣れてきたら、次のステップに進みましょう。(さらに歩く、少しエクササイズを取り入れる、などですね。)

歩いていて、何処かが痛いのなら、治療が必要かもしれません。

現在は県外でお住いのKさん。ご結婚され、お子さんにも恵まれ、忙しい毎日の彼女。サロンに通われるきっかけは、冷え性と月経痛、むくみと体力のなさ、そして、白ぽちゃさんでした。

月に2回の定期的なトリートメントと、上記の「歩く」ことをスタートさせ、その後も

ご本人の気づきと、私からの客観的なアドバイス等を本当に素直に取り入れられて、あっという間に巣立っていかれました。嬉しいことです。