髪の毛も気になるお年頃。女性も薄くなったり抜けたりします!

女性のライフリズムを快適にしたいtaeAromaです。

数年前、髪の毛に関して大いに悩んでいました ワタクシ。

  • 量が減ってきた?

  • 細くなってきた?(髪の毛だけです 笑)

  • コシがなくなってきた?

  • 艶がなくなってきた?

  • いつもより、抜け毛が増えた?

  • 頭皮がヒリヒリして、ちょっと痛い?

  • このまま禿げたらどうしよう。汗

  • こ、更年期なのかぁ?

まるまるっと1年間シャンプー&コンディショナーのジプシーになってしまい、同時に美容室ジプシーにもなり彷徨いました。汗

解決方法は、

  1. ロングヘアからショーとヘアに変身→お陰様でお客様の評判もよくマメ子に美容室に行きます。(仕事柄いつも髪の毛を結わえていたので、引っ張り過ぎていたようです。)

  2. 頭皮のオイルマッサージを入浴前に行う。(月に2〜3回程度)

  3. ぬるめのお湯で頭皮をよく洗い流す。

  4. シャンプー剤は少量とし、残さないようしっかり洗い流す。

  5. 月に数回程度、ラベンダーFineの精油を数滴、シャンプーやコンディショナーに添加して使う。

  6. シャワーヘッドに浄水器を取り付ける。

  7. 髪の毛はしっかり乾かす

  8. 乾いた髪の毛と頭皮に極々少量のオイルを塗布する。(月に数回程度で好きなオイルでOK)

これらをすべて行って髪の毛問題は終息いたしました。

  • 何が一番効果的だったのか?

  • 何が問題の根っ子なのか?

効果的だったのは、すべての事だと思います。そして、問題の根っ子は「洗い過ぎ」ではなかろうか?と感じております。

さて、シャンプーやコンディショナーが日本で使われ始めたのは1950年代。そして身体を洗うための石鹸が使われ始めたのは明治23年頃のようです。毎日お風呂に入る習慣は1950年代以降のようで、徐々に内風呂(お家にお風呂がある)が普通になり現在に至ります。

現在ではpm2,5や排ガス、お化粧品や整髪料を使う生活をしていますので、毎日これらを洗い流す必要はあると思います。しかし、カラダは衣類で包まれていますし普通の生活環境ならば、石鹸等でお肌などを洗いすぎると、本来あるはずの『皮脂』身体を保護するための『皮脂』を奪ってしまうため、よく考えて使わないとなりません。汗を出す腺が多い部分(脇や陰部、足指など)はしっかり洗いたいところです。が、実はサロンのお客様の中にも、耳の周辺、陰部や肛門などを洗い過ぎて炎症を起こしている方が