top of page

50歳頃に使い果たしてしまう〇〇ホルモン


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment




それは「女性ホルモン

  • 女性の生涯で分泌される量:ティースプーン一杯の量

  • 50歳頃には使い果たしてしまうため、身体が大きく変化しさまざまな不調を起こす原因の一つです。


ティースプーン一杯の女性ホルモンの役割

  • 月経サイクル(初潮から閉経まで)のコントロール

  • 生殖活動

  • 若さ

  • 健康

  • 美しさ

などを支え維持する役割を担ってくれています。


更年期症状

40代後半になると卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌量が減少します。

すると『更年期症状』と呼ばれる様々な心身の不調が起こりはじめます。

  • ホットフラッシュ

  • 関節の痛み

  • 不眠

  • 精神的不安、、、などなど人によって多様な症状となるのは、潜在的に身体の弱い部分に症状が現れやすくなります。


閉経を境に

  • 骨粗鬆症

  • 脂質異常

  • 高血圧

  • 変形性膝関節症

  • 心筋梗塞

  • 脳梗塞

  • 尿もれ

  • 子宮脱、、、命に関わりはないけれど、生活の質(QOL)が低下してしまうトラブルが多くなってきます。


更年期症状は個人差があり、30代からはじまる人、60歳を過ぎても不調が続く人もいらっしゃいます。



女性ホルモンの大きな役割の二つ

  1. 種の保存:妊娠・出産によって「種」=子孫を残すこと。

  2. 子孫の命を守り育てる自身の身体と心を健全に維持すること。



人生100年時代のいま、50歳頃で閉経してから、以降の人生をいかに元気で若々しく過ごすかはとても重要なテーマです。女性の一生に大きな関わりのある「女性ホルモン」のことを知ることは、ウエルエイジングの上で欠かせないのではないでしょうか。


初潮の頃から「女性ホルモン」が分泌されると思っている方がほとんどだと思います。でも驚くことに胎児の時点!なんです。私もこのことを知った時には本当に驚きました。




胎児から誕生するまで

  • 胎児:原子卵胞(卵子のもと)を左右の卵巣に数百万個づつもっています。

ママの体(母体)から胎盤を通して栄養をもらう胎児ですが、母体から分泌される卵胞刺激ホルモン&黄体化ホルモンが血液で運ばれ、原子卵胞がわずかですが発育します。

  • 誕生してから:母体からの影響がなくなり、初潮の準備をはじめるころまでホルモン分泌はお休みします。


初潮(8~10歳頃)から思春期

  • 卵胞刺激ホルモンが分泌され卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されはじめます。

  • 初潮を迎えると、卵巣内からたった一個の卵が飛び出し「排卵」します。

    • 胸が膨らむ、丸みのある体つきになる、男女の性差が現れる

    • 月経周期や排卵が不安定な時期ですが、卵巣や子宮が発育してくると月経も周期的になり、妊娠が可能になってきます。


10代終わりから40代半ば(成熟期)

  • 30代半ばまで、生涯で女性ホルモンが安定する時期です。

    • 肌のツヤ・ハリ・弾力&髪の毛も黒くしっかりとしています。

  • 30代半ばを過ぎると、、、卵巣の機能がだんだんと低下し、肌のたるみや髪の毛の悩み、生殖機能の老化がはじまっています。健康で何の問題もないようでも老化は進んでいきます。


40代後半から50代後半(更年期~閉経)

  • 月経周期の乱れ(月経が遅れる、月に2度の月経があるなど)が起こる場合が多く、月経がなくなり一年以上経つと閉経と診断されるようです。

  • 目の乾燥

  • 鼻の乾燥

  • 口の渇き

  • デリケートゾーンの乾燥など、あちこちがドライになってきます。



30万個の原子卵胞(生まれた時には30万個もある!)

閉経すると300個以下に枯渇し、

女性ホルモンを作れなくなってしまうのです。



60歳以降(閉経)

  • エストロゲンの欠乏により、皮膚の弾力が失われ、子宮や膣・デリケートゾーンの萎縮など、身体全体の伸縮性や弾力性が低下していきます。

  • 実年齢よりも若く見える人は、40代からの生活習慣を意識し実践している人が多いようです。





心や身体が不調に陥ってしまうと、改善する気持ちもなかなか湧きあがってこないようで、ホルモン補充療法などお薬だけに頼りがちとなり、活動量も低下したり制限されてしまうお客様も少なくありません。


女性なら誰しも女性ホルモンが枯渇するのですから、早め早めにセルフケアをはじめて頂きたいと心から思い、アロママッサージにもフェイシャルにもホルモンバランスを整えるためのメニューをご用意しています。またカウンセリングの中でも栄養のこと・エクササイズのことなどお一人おひとりの生活にマッチした方法をご提案しています。

  1. 食生活(栄養)

  2. 定期的な運動

  3. ストレス管理、、、などなどセルフケアで出来ることは色々とあります。


何からスタートすれば良いのか? 自分にあった方法がわからない、などのご相談をよく受けます。また婦人科に行くのが億劫なお客様も少なくありません。私自身も現在進行形で向き合っている更年期世代ですから決して他人事ではありません。お一人おひとりに真剣に取り組んでおります。



参考図書:50歳からの婦人科



23年目を迎えるtae Aromaでは、

  1. アロママッサージ前のカウンセリング

  2. アロママッサージ(骨盤矯正など身体全体を整える痛くない手技をふんだんに取り入れています)

  3. アロママッサージ後のフィードバックtimeでのお話し

などを通して、お一人おひとりに調和したエクササイズ・栄養・セルフケアなどをお伝えし続けています。




ホルモンバランス&姿勢を整えるホリスティックなアロママッサージ専門店 tae Aromatherapy & Treatment

年齢を重ねることを楽しんで下さい「更年期ケアと予防」に積極的なサロンです♡





精油の香りとオイルの効果効能

肌に触れるタッチングを用いることで

  • 女性特有の痛みや辛さを緩和したり

  • ストレスや疲労を軽減させ深くリラックスできるようになることで

  1. 深い呼吸をえられ

  2. 血の巡りが良くなり

  3. 副交感神経の働きを優位にさせ

  4. 姿勢が整い

  5. しっとり弾力のある肌へ導く

  6. 健康と美容にアプローチするアロママッサージ施術です。

食事やエクササイズなどの生活習慣を少し見直すことで、体も心も元気で綺麗で過ごして頂けるようお手伝いする、女性の幸せのためのホリスティックなサロンです。

Comments


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square