気象病の『梅雨だる』をアロマテラピー・マッサージでやわらげましょう。

女性のライフリズムを快適にしたいtaeAromaです。

『気象病』今朝のニュースでも取り上げられていました。今年は気温の寒暖差も激しく、多くの女性が頭痛や肩こりを訴えられているそうです。そして即効性のあるお薬はないようで、ストレッチなどをこまめに行い改善を試みましょう!とのお医者様のお話しでした。

 

taeAromaのキャンペーン、キュアリング(皮膚に浸透しやすいよう、オイルを100度まで温め冷ますこと)したセサミオイルでのマッサージ。カラダの芯まで温まり、お手入れ後のタオルシーツには、粘りのある汗のヒトガタ(人形)が残ります。そして心身のスッキリ感は爽快!!皆さま笑顔でお帰りになります。

 

実は一年を通して、5月、6月、7月の期間は、体調や心の調子、メンタルバランスを崩す方が多くなります。特に「梅雨」は一年で最もストレスを感じやすい時期『梅雨だる』と言われています。

 

『梅雨だる』の原因とは?

以下のようなことが、『梅雨だる』の原因になると考えられます。

普段の生活に比べて「傘」「雨具など他の荷物」が増え、肩や腕に負担がかかり

 ストレスになることの多い季節でもあります。

また「もうすぐ夏」だという夏の気配が、ジュース・ビール・アイスなどの冷た

 い食べ物を食べる機会を増やし、胃腸への負担がストレスになります。

「湿度」の高さや「雨」により、身体が冷えやすくなります。

晴れ間の陽射しも強くなり、身につける洋服も薄着で、足元はサンダル、という

 感じで肌の露出部分も多くなり、身体の冷えはもちろん、紫外線等による肌の乾

 燥が、身体の内側へと冷えを招いてしまいがちです。

 

『梅雨だる』解消方法とは?

身体の中の「湿」、つまり自律神経をうまく調整し、水分バランスを整え、血のめぐりを良くすることがとっても重要です。この時期に心身のコンディションを整えておくと、一年の後半までが軽く楽に過ごせます。

夏を満喫し、これから一年を快調で過ごしたいなら、早めにアロマテラピー・マッサージをはじめましょう。

3月の”キュアリングしたセサミオイルでの肝臓&胆嚢のデトックス”

が大変ご好評でしたので、

「キュアリングしたセサミオイル」を使用の、

『梅雨だる』予防キャンペーン

絶賛ご好評中です。

 

セサミオイルは、ナッツの様なマイルドで芳ばしいゴマの香りがします。アロマテラピーマッサージのキャリアオイルとしても使用します。お肌の”孔(毛穴)”をすべて開かせ浸透し、皮下の細胞を活性化してくれます。老化現象のもととなる「酸化」を防ぐ役割をします。アンチエイジングとしての美容効果やデトックス効果があると言われています。

大量の汗をかく理由は、この「細胞の活性化」が行われているためで、キュアリングしたセサミオイルは、体内の毒素や老廃物を吸着し体外へと運び出していくために、それが大量の汗となり排出され、身体の代謝と細胞の若返りを促進しているのです。