パーキンソン病(指定難病6)

今日は一月五日、ほんとうに気持ちいい日が続いています。


女性の幸せのための

ホリスティックなアロママッサージ専門店 taeAromaです。


パーキンソン病(指定難病6)

  • 振戦(ふるえ)、動作緩慢、筋強剛(筋固縮)、姿勢保持障害(転びやすいこと)を主な運動症状とする病気で、50歳以上で起こる病気です。

  • 遺伝はしませんが、若く発症される方の一部では家族内に同じ病気の方がおられ、遺伝子が確認されています。


主な運動症状

  • ふるえ(振戦)

  • 筋強剛(筋固縮)

  • 動作緩慢

  • 姿勢保持障害


非運動症状

  • 便秘や頻尿

  • 発汗

  • 易疲労性(疲れやすいこと)

  • 嗅覚の低下

  • 起立性低血圧(立ちくらみ)

  • 気分が晴れない(うつ)興味が薄れたり意欲が低下する(アパシー)


日常生活で必要な注意


*運動、睡眠、食事、薬が基本です。

  • 散歩(散歩は1日8000歩を目安に。)

  • ストレッチ(ストレッチは姿勢の維持に役立ちます。)

  • 鏡を見て姿勢をよくする(前かがみや斜め横になる姿勢が起こりやすくなります。自分ではまっすぐと感じる姿勢が、実際には斜めになっていることが少なくありませんので、できるだけ鏡を見て姿勢を良くしましょう。)

  • 転倒が起こりやすいので、躓くようなものは片付け早めに手すりを付けます。

(難病情報センターを参考にさせて頂いています)

 

80代半ばのお客様。

本日は今年初のアロママッサージにご来店くださいました。


世間話しをしつつ、ご本人とご家族に体調などを伺います。

足浴では、足指の肌の色が良い状態ではありませんでした。


膝が痛い、全身がだるい、幻覚のため睡眠不足気味、とおっしゃっていました。



オレンジ・スイートの精油を中心としたブレンドしたオイルで、足全体のアロママッサージをさせて頂きました。


アロママッサージ前にお手洗いに行かれたのですが、足を出す動作が困難でいらして少々時間を要しました。


アロママッサージ後にお手洗いに行かれた際には、歩行器を使いながらも、すっすっとスムースな足の運びで、姿勢も良くなられていました。



10年ほど前になるでしょうか、ご家族がお父さんのためのアロママッサージを習って下さいました。


6時間ほどの講座「ご家族ケアのアロママッサージ」を受けられ、ご家庭で実践されています。


現在はこの講座を開催していませんが、ご要望があればまたご相談下さいね。




taeAromaではお客様の目的にマッチした

  • BODYトリートメント施術

  • カスタム・フェイシャルトリートメント施術

  • 温めデトックス効果を高めるための「オプショナル」などをご用意しております。

女性のお医者様からのご要望で「女性のお医者様が好まれるトリートメント施術」

更年期世代のお客様へのユニークなメニュー「更年期セラピー」

お客様の体調とご希望にマッチしたトリートメント施術内容をご提案