私にもできるかしら?

セラピスト育成にも力を注ぎたい!と張り切る tae Aromaです。

私が通っている、とあるお稽古の教室で、Aさんに尋ねられました。

「白形さん、なんのお仕事?」

tae

「マッサージ・セラピストなんです。」

Aさん

「驚! ええっ、いいなぁ、そうなのね。

 私もそんな仕事がしたいと思っているけれど、私にもできるかしら?

 実は何年か前に更年期でね、とても辛い思いをしていて、ご近所の整体の方に

 お世話になったの。しばらくは大変で、どうなるかと思ったけれど、ずいぶん

 助けてもらったのよ。更年期の症状が膝痛からくるなんて思いもしなかったけど、

 体も気持ちも本当に大変だったの。私も誰かの役に立つ仕事をしてみたい。

 でも、私は若くないから、無理なんだろうね。」

tae

「いえいえ、経験値があるからこそ大丈夫だと思います。

 自分の体の使い方に注意すれば、遅くはないです。」

Aさん

「ホントに???若さより経験値なの?」と大きくうなづき、満面の笑顔になられました。

誰かの役に立ちたい!と思うと、頑張れます。

年齢は全く関係なく、むしろ辛い苦い経験のあるほうが、優しく思いやりを持って接することができて、なおさら良いと思います。

思いやりがあり、お客様に寄り添う、技術の高いセラピストを育成したい!

毎週火曜日中心に『更年期セラピー』1dayワークショップを開催しています。