言葉は大事


あっという間に2020年も真ん中の6月となりそうです。

6月は私の誕生日なんですが、時々開いてみる本があります。


女性の幸せのための

ホリスティックなアロママッサージ専門店 taeAromaです。



10年以上前になりますが、お客様がある本を勧めて下さいました。

”誕生日大全”

「意外に面白くて当たっていたりするの。」とわざわざサロンに持ってきて見せて下さったことがあります。


私、占い好きではないのですが、この本には興味を持ちましたので早速買ってみました。

それから時々開いて、自分の誕生日のページを読んで、励まされたりしています。(笑)




この本の良いところは、どの日付を開いてみても悪いことは書いてないんです。


読み手の受け取り方もあると思いますが、元気になれる内容だったり、言葉の使い方だったりするんです。


内容が当たっているかは別として、私にとっては良書の一つです。




さて「言葉」は言葉でしかなく、伝えるためのツールの一つかもしれません。

その言葉に、本心がないこともあるかもしれません。

その言葉は、一時的な感情から出てしまったものかもしれません。

でも、自分の口から出るその言葉は本当に大切で、聞いているのは相手になる人だけでなく、自分も聞くことになります。


もし誰かを傷つけたいと思って発したその言葉があったとしたら、同じ言葉を聞いている自分自身も傷つけてしまうことになるのです。