やっぱり「水」


人の往来が減ってきて、緊張感が感じられる松山市です。


女性の幸せのための

ホリスティックなアロママッサージ専門店taeAromaです。



大人女性世代の心配事の一つに、高齢になられた親御さんのことがあります。


私も同様、80歳の母がおり、コビットウイルスも心配ですが、認知症など他の病気にならないで元気で過ごして欲しいと思っています。





気になる記事がプレジデントonlineに載っていました。


認知症や身体機能の改善のために、水分摂取を積極的に指導して大きな成果をあげられている山下 哲司さんの記事です。



認知症を防ぎたいなら「毎日1.5Lの水」を飲んでください

  • 2025年・・65歳以上の5.4人に1人が認知症になるとの予測

  • 認知症にならないためには、どうすればいいのか?


「水分が不足するとさまざまな面で老化が進みやすい。

1日に最低1.5リットルの水を飲むことが認知症の予防につながる」



体や脳の老化は「水分不足」に起因する

  • 人間の体の約60%は水分。言い換えれば、体重の60%は水分。

  • 骨・筋肉・脳・内臓・細胞・血液、そして生命、すべてはそれだけの「水」があってこそ維持されている