「精油の香」がもたらす瞑想の効果


「香りと瞑想、お腹マッサージ」のワークショップの日です。



子育てに家事、仕事や諸々のことで毎日慌ただしいから「芳香」「瞑想」「お腹マッサージ」などの時間は取れないと思う。

ワークショップのスタート直後、参加者からの声でした。



とは言え、香りのない素の「瞑想」を数分実践して頂きました。



自宅などの自分のスペースで行う瞑想ではありませんから、どんな感想を持たれるのか楽しみでした。

「自分の事だけをあれこれ考えるうちに瞑想タイムが終了した。」

家族の気配や生活臭がないので、自分のことに集中出来たようです。



1回目の瞑想タイム後には、tae Therapist Schoolのオリジナルテキストを用いて、

  1. 香りが脳へと届く経路やその効果

  2. 瞑想が脳や身体、心へ与える影響

などについて説明し、様々な香りの精油を実際に試して頂きました。



そして「精油の香りと共に行う瞑想」を、1回目の約2倍の時間で実践して頂きました。すると、

  1. 時間の感覚が変化した(とても短く感じ、集中出来た。)

  2. 「目的意識」を持って瞑想を行えた

とのことで、顔つきや眼がとても真剣になられていました。



お腹のセルフマッサージについても、身体と心への影響を知って、超簡単な方法であることが分かると「これならできます!」と頼もしいレスポンスでした。



なんとなくいいかもしれない「精油」や「瞑想」のこと

  1. 精油の選び方・使用方法

  2. 瞑想の実践方法

  3. 脳や身体にどんな影響や効果があるのか

などを知ることで、『なんとなく』から『目的』を意識できるようです。