寒い時こそ「水」を飲みましょう♡

女性のためのアロママッサージ専門店 taeAromaです。

いよいよ12月も終盤、雲が多くて今夜も冷えそうな松山市です。



さて、寒くなると「水」を飲む機会が減るお客様が多くなります。私も気をつけていないと、温かいお茶等は飲むけれど「水」を摂ることを忘れます。

夏季は、汗をかいたり、熱中症を予防するため「水を摂ること」に気をつけます。が、寒くなると「水を摂ること」・・・怠りがちになりますね。


 

  • question「お茶やコーヒーは水分だから、ただの水でなくてもイイですよね?」

  • answer 味や色が付いているものは「嗜好品」です。「水分」とは異なります。

ここでご提案しているのは

ただの『水』です。



  1. 水をがぶ飲みするのでなく、こまめに少量づつ摂ることをおすすめしています。

  2. また、旬の新鮮な野菜や果物からも「水分摂取」をおすすめしています。


野菜や果物には、ビタミン、ミネラルetc・・ご存知の栄養が含まれています。

糖尿病や腎機能のご病気がないのであれば、積極的に摂って頂きたいと思います。

 

血のめぐり

を良くするためにも「水分摂取」は大切です。


  • 血液

筋肉やそのほかの全身の各組織に、酸素栄養を運び、その代わりに二酸化炭素老廃物を回収してくれます。全身にくまなく行き届いている、素晴らしい媒体です。


  • 良質な血液とたっぷりの血液量

酸素栄養が行き届いた良質な血液は、口に入るものから作られます。私たちが毎日食べている物から作られていますので、食事のバランスには気をつけたいところです。


  • また、5大栄養素の中に「水」は含まれていませんが、とても大切な役割を担っています。1日のうち1度は「水」の重要性を思い出してみてください。


ただの「水」が私たちの心身の健康に深くかかわっています。