寒暖差アレルギー、寒暖差疲労はアロママッサージで解決!


女性の身体(Body&Mind)とリズムを整えるホリスティックなtaeAromaです。


今朝の松山市の外気温は13度で肌寒い。日中は22度になる予報です。


最近まで梅雨のような蒸し暑さが続いて半袖で外出したり、朝晩は寒くて薄いフリースを羽織ったりと、気温の変化が大きい時期となりました。


8度以上の「寒暖差」があると、「寒暖差アレルギー」「寒暖差疲労」などと色々な症状が出るようです。




ご来店のお客様のお悩み症状は、

  • 疲れやすくなっている

  • 集中力が不足気味

  • 鼻がグズグズする

  • 手足が冷えてきた

  • 冷えのぼせ

  • 頭痛

  • 肩こり

  • 腰が重い

  • 肌荒れやくすみ、乾燥

など様々で、風邪に似た感じもあり、お肌にも影響が出ています。




寒暖差があることで、身体にはどんな影響があるのでしょうか?


気温の変化に伴い、身体は一定の体温を保とうとするため、血管を広げたり(拡張)縮めたり(収縮)と急激な変化に対応するため大忙しとなり、ストレスを感じます。


気温が下がり寒くなると、冷えが進み、血液の巡りが悪くなり、寒暖差疲労を生じさせています。



血の巡りが悪くなると=血管収縮