だるくて起き上がれない。夏バテしやすい低血圧さん。

女性のためのホリスティックなアロママッサージ専門店 taeAromaです。

血圧が低い人には夏の暑さは堪えます。

血管が緩んで、夏バテしやすくなります。

血圧が低いと本当にだるく、疲れやすいのです。



血圧とは

  • 心臓から送り出された血液が、 血管の壁に与える圧力のこと。


上の血圧(収縮期血圧)

  • 心臓が収縮すると、全身に血液 が送られて、血圧は高くなります。


下の血圧(拡張期血圧)

  • 心臓が拡張すると、全身から血 液が戻ってきて、血圧は低くなり ます。


血圧を決める要素

  • 血圧は、 心臓から出る血液の量 と血管の硬さ によって決まります。

血圧=心臓から出る 血液の量 (心拍出量) x 血管の硬さ (末梢血管抵抗)



血圧は季節によって変化します。

  • 寒い時には血管が収縮するために血圧が上がります。

  • 暑い夏には血管が緩み、血圧は低下します。



  • 低血圧でなくても、夏はバテたり疲れたりする人がほとんどです。低血圧の人は、普通の人より疲れやすく、食欲が低下しやすいので要注意です。

  • 夏は汗をかくため汗といっしょにナトリウムも体外に出てしまいます。水分を補給すると同時に、塩分(ナトリウム)やカリウムが含まれている果物や野菜(キウイやスイカ、トマトなど)を補給することが必要です。

  • 冷房による冷えにも注意し、温度調整ができるようカーディガンなど必携です。



血圧を上げてくれる精油