うっかり日焼けしてしまったら



梅雨明けも近そうな、強い陽射しと暑さが厳しい松山市です。


女性の幸せのための

ホリスティックなアロママッサージ専門店 taeAromaです。


  • とても暑いのですが、眩しい太陽の光は気持ちを明るくしてくれます。

  • 太陽の光は、ヒトに必要なビタミンDを体内で作る際に不可欠です。

  • そして、幸せホルモンのメラトニンの分泌を助けてくれます。



しかしその一方で、太陽光の紫外線は肌にダメージを与え、身体を疲労させてしまいます。



うっかり日焼けしてしまったら

直ぐの対処が肝心です!


冷やす

保湿する

美白する(体の外から内側から)





日焼けで肌が赤くなる → 火傷状態



太陽の光は、不都合なものも、もたらしてしまいます。

  1. 日焼け

  2. 肌老化

  3. 皮膚癌など肌へと様々な影響を与えるほか、

  4. 熱中症

  5. 熱射病

  6. 日光過敏症

  7. 眼の病気



顔の老化の原因の8割

日光に当たったことによるものと言われています。



紫外線による肌老化の原因を『光老化』現象といいます。

  1. 深いしわ

  2. シミ(顔に影を作って印象を暗くします)

  3. 皮膚の下の毛細血管拡張症


光老化は、肌の露出の多い部分に見られます。

  1. 背中

  2. 手や腕

  3. デコルテ



太陽の光、紫外線B波&A波は、

皮膚の細胞にダメージを与え

コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質を破壊します。



紫外線から肌を守るには

自分の感覚に頼らず、日中は必ず紫外線予防を行う。

  1. am11時からpm4時 → 太陽の高度が高くなるほど紫外線は強くなるため、肌の露出を避ける。

  2. 襟、袖、裾の長い服やUV効果の高いサングラス、帽子を身に着ける。