top of page

フェイスラインがたるむ座り方、していませんか?


いつもありがとうございます。


セラピストlifeが楽しく長く続けられるためのスクール

tae Therapist School

女性の幸せのためのホリスティックなアロママッサージ専門店

tae Aromatherapy & Treatment




アロママッサージを終え、フィードバックtimeの時にお客様方に質問してみました。

リラックスしている時、どんな風に座っていますか?



多くのお客様方が、

  • ソファを背もたれに床に座ってます。

  • 体育座りで床に座ることが多いかな。

  • ソファに座っても、膝を両手で抱えて座っていると楽ちんなんです。



ソファがあっても床に座る方が多いようです。

膝を抱えて、丸くなって座ると、お腹がゆるんで楽に感じるのかもしれませんね。




膝を抱えて座る=「体育座り」のことですが、地方によって ”三角座り” とも呼ばれています。




この「体育座り」、実は太平洋戦争が終わってからの座り方なんです。

戦前までは、正座or安座(あぐら)や椅子に腰かけることが普通でした。しかし戦後の教育現場では「体育座り」をすすめてきたのです。

  • 1958年頃からは、文部省の通達により徐々に学校に浸透していった体育座りです。70年代には日本の学校にすっかり広がっていたようです。

  • ちなみに海外では体育座りをする人はいません。私も見たことがありません。



体育座り=囚人座り、、、と呼ばれています。

  • 古代エジブトの壁画に、奴隷が座っている様子が描かれています。体育座りと同じ座り方に見えます。

  • ナチス時代に、ユダヤの人々が集団で座っている写真が残っていますが、これも体育座りで「囚人座り」と呼ばれていました。



腰を床に下ろし膝を両手で抱え

体を前に曲げて内臓を圧迫する体育座り




体育座りのデメリット

  1. 体を折り曲げるため内臓を圧迫してしまう。→ 内臓の働きを悪くする。血の巡りを悪くする。

  2. お尻を床や地面につけるため坐骨が当たってしまう。→ 体が冷えやすくなる。坐骨を痛める。腰への負担が大きくなる。

  3. 股関節が硬くなる

  4. 舌の位置が落ちる。→ フェイスラインが崩れる。歯並びが悪くなる。滑舌が悪くなる。

  5. すぐに立ち上がることが出来ない。→ 緊急事態になってもサッと立ち上がれないんです。



体育座りのメリット

  1. 座る面積が小さいため、集団行動の際に広がらなくて済む。




体育座りはメンタルにも影響

  1. 膝を抱えると、頭の位置が前に出過ぎてしまいます。

  2. 頭を支えるに大きなストレスを与える姿勢なため、頭への血の巡りを悪くします。

  3. 呼吸が浅くなります。

  4. 結果、、やる気を削いでしまいます。




集団行動指導の手引き(文部科学省が発行した学習指導要領の補足)の中、腰をおろして休む姿勢として体育座りが紹介され、全国の学校に広まりました。(1965年)



約56年前から広がってきた体育座りを、無意識で続けている多くの日本の人たち・・・

この座り方をすることで股関節の柔軟性も失われやすくなり、身体全体への影響は計りしれません。




座る時には、椅子にきちんと腰掛けるか、長座で座るか、安座(あぐら)で座るかが望ましいのです。



せっかくアロママッサージでリラックスして下さって、コリや痛み・冷えなども解消できたのに、知らないとは言え不調を招く座り方をしているなんて勿体ないですよね。



自分では気づきにくい生活習慣の色々を、アロママッサージ前のカウンセリングや施術後のフィードバックtimeの中でお話しを伺い、様々なご提案をさせて頂き、不調を改善するお手伝いをするのがセラピストです。




taeAromaではITEC(国際ライセンス)感染症対策に基づいた

知識のあるセラピストが衛生面に十分注意しています。

ご不安なこと、ご質問等がございましたら、ぜひお問い合わせ下さいね。




精油の香りとオイルの効果効能

肌に触れるタッチングを用いることで

  • 女性特有の痛みや辛さを緩和したり

  • ストレスや疲労を軽減させ深くリラックスできるようになることで

  1. 深い呼吸をえられ

  2. 血の巡りが良くなり

  3. 副交感神経の働きを優位にさせ

  4. 姿勢が整い

  5. しっとり弾力のある肌へ導く

  6. 健康と美容にアプローチするアロママッサージ施術です。

食事やエクササイズなどの生活習慣を少し見直すことで、体も心も元気で綺麗で過ごして頂けるようお手伝いする、女性の幸せのためのホリスティックなサロンです。



Comentários


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page