top of page

エイジングケア!後回しにしないでね。お顔のお手入れはバストラインから上全体ですよ!


セラピストLIFEを楽しくする

tae Therapist School

心・からだ・肌をアロマテラピーで整える

ホリスティックAromaサロン

tae Aromatherapy & Treatment



  • 肌が変わってきた

  • 肌の不調を感じる



マスク生活が長く、

想像以上にお肌に負担がかかっていたなぁ~と認識している今日この頃、ではないですか?


この春やっとマスクから解放され、ワタクシ気持ちが軽くなりました。呼吸がしやすく、ストレスの一つがなくなってホッとしました。


その一方、

自分の顔を鏡でじっくり見て「どうしよう」と思わず呟いてしまいました。

毎日鏡を見ていますが、年齢とともに肌の変化があるとしても、肌理(キメ)の乱れ!たるみ!がとんでもないことになっていて本当に焦りました。


マスクによるお肌の変化は、全ての世代、老若男女問わず皆さんお持ちです。

お客様の中には、「マスクを外したくない」「マスクを外せない」なんておっしゃる方もいるけれど、思い切ってマスクを外し、すぐにお肌のお手入れを始めてください!


エイジングケアの方法

エイジングケア

年齢を重ねること → エイジングと言います。

  • 年齢を重ねると、お肌には様々なトラブルが起こりやすくなります。


生きていると避けられないのが『加齢

どうしても歳とともにお肌には変化が起こります。

肌を若返らせる!ことは現在では無理ですが、その変化=老化を遅くさせることは可能です。


お肌の曲がり角 → 30歳くらい

だなんて聞きますが、20代後半になるとお肌は確かに変化してきます。


エイジングケアが遅くなればなるほど、効果が出にくくなるのは事実です。

  1. 肌の老化とともに保湿する力が衰え、効果的な化粧品を使っても効果の実感までに時間とコストを要してしまいます。

  2. さらにいっそう、若い頃よりも肌トラブルが出やすくなり、エイジングケアは早め早めにお願いしたいと思います。


私が25年のサロンワーク中、多くの女性とお会いしていて、エイジングケアに最も必要なのは『保湿』だと実感しています。

  • お肌が十分に潤っていれば、様々なトラブル&ダメージからお肌をある程度守ってくれます。


エイジングで気になるのは


肌の乾燥の原因

乾燥

1加齢とともに、肌の水分量を保つ力は衰えます。

2新陳代謝が低下し肌の水分量や皮脂量も低下します。

3加齢によって肌の保湿成分セラミドを作り出す機能が弱まります。

そして乾燥の外的刺激

4紫外線。

5エアコンなどの空気の乾燥。(夏冬ともに)

  • 1~5以外にも原因はありますが、肌の乾燥は皮脂の酸化や炎症、かさつきも起こしやすくします。肌表面のハリや弾力も失わせます。


毛穴の開きや黒ずみの原因

毛穴の開きや黒ずみ

  1. 年齢を重ねると、細胞自体の力が弱くなり、血行不良が起き、肌に栄養が行き渡らなくなります。

  2. 血行不良&栄養不足になった肌 → 乾燥し皮脂を過剰に分泌し、毛穴が閉じにくくなります。

  3. 開いた毛穴に、余分な皮脂や古くなった角質など老廃物が詰まり、押し出そうとする力が弱くなっているため毛穴の中に蓄積されてしまいます。

  4. そこに空気が触れ、酸化し黒ずみとなります。


たるみの原因

たるみ毛穴

  • 毛穴はまるっとしていますが、重力によって下がり楕円形になっているのが「たるみ毛穴」と言います。

  1. 肌を支えるコラーゲンが減少し、皮膚の筋力が弱るため、たるみ毛穴=肌全体のたるみというわけです。


たるみ

  1. 肌を支えるコラーゲンの減少により肌のハリが失われて起こります。

  2. 年齢とともに血行不良&栄養不足により、肌が自分で新しいコラーゲンを作る力が衰えてしまいます。

  3. これらにプラスして、ストレス!紫外線!などによりお肌のコラーゲンは破壊されていますので、肌のはりや弾力はさらに失われてしまいます。

  4. また肌を擦ったりする強い刺激が加わると深い溝ができて、これが「しわ」になります。


シミの原因

シミ

  1. 肌の生まれ変わる力「ターンオーバー」が衰えるからです。

  2. 紫外線や間違ったスキンケアにより、シミの原因となるメラニンが生成されます。

  3. メラニンを含んだ肌の各層を外へと押し出すことができず、肌に留まりシミとなります。


くすみの原因

くすみ(主な原因)

A.肌表面の乾燥:肌表面が乾燥しキメが乱れ、凸凹の肌表面に光が当たると、肌がくすんで見えます。

B.角質肥厚:古い角質が剥がれ落ちず、積み重なって厚ぼったくなった状態のことです。肌のターンオーバーが低下し、肌の透明感がなくなります。

C.血行不良:顔の血色が悪くなり、顔色が悪く肌がくすんで見えるのです。


保湿成分には

  1. セラミド

  2. ヒアルロン酸

  3. プロテオグリカン

  4. コラーゲン

保湿成分


美白成分には

  • 肌のくすみをなくし透明感を与える成分

  1. ビタミンC誘導体

  2. トラネキサム酸

  3. リノール酸S

  4. ニコチンアミド

  5. ハイドロキノン


美白とシワに効果のある成分

シワ防止には

  1. レチノール

  2. ナイアシンアミド

  3. ビタミンC

  4. ペプチド


効果的なエイジングケアのポイント

1.肌への刺激は最小限にする。

洗顔、化粧水塗布、クリーム塗布、洗顔の湯温など。

2.紫外線対策は徹底。

肌老化の最大の原因は『紫外線』です。

  • 年間を通して日焼け止めを塗布するようにする。

  • 日傘やサングラスなどを利用する。



エイジングケアの最重要ポイント

お顔のお手入れは、バストラインから上全体ですよ!


エイジングケア!お手入れするのは『顔だけはNG』

  1. お顔の肌を整えるためには、バストラインから上全体をお手入れしないと効果がないんです。

  2. もっと言えば、姿勢まで整えられると、ご自分本来の美しさを保てるというわけです。


  1. 食事(栄養)

  2. 運動

  3. 睡眠

  4. ストレス管理

なども大切になります。


あぁ大変、、、なんて思わず、自分でできるところからスタートさせてください。

今はじめなければ、状況はますます、坂を転がるように悪くなります。はい。


自分に合う方法をぜひ見つけてくださいね。




自分を大切にしよう



精油やアロマテラピー、他のトリートメントなど、心・からだ・肌に良いこと&ためになることなどをお伝えしています。


問い合わせボタン


精油の香りとオイルの効果効

肌に触れるタッチング

  • 女性特有の痛みや辛さを緩和したり

  • ストレスや疲労を軽減させ深くリラックスできるようになることで

  1. 深い呼吸をえられ

  2. 血の巡りが良くなり

  3. 副交感神経の働きを優位にさせ

  4. 姿勢が整い

  5. しっとり弾力のある肌へ導く

  6. 健康と美容にアプローチするアロマテラピートリートメント専門店


Commenti


最新記事
アーカイブ