すべての女性に役立つ簡単エクササイズはコレ!です。

大人女性の身体リズムを整えるホリスティックなtaeAromaです。

「骨盤」妊娠や出産時に意識する骨の名前で、普段はこの骨の動きや働きについて考える人は少ないかもしれませんね。

ーーーーー「骨盤の重要性」ーーーーー

「骨盤の骨

  • 4個の骨で構成されています。

  • それらの骨は環(わ)のように配列されています。

  • 立定的で奥行きのある形をしています。

「骨盤の中」骨盤腔と言います。

  • 膀胱

  • 直腸

  • 子宮

  • 卵巣.....などの生殖器が収納されています。

「子宮」胎児が育つで「性の器官」

  • 子宮の壁は、三層から成り立っています。内層・中間層・外層。

  • 中間層が子宮筋からなる筋層です。

この子宮、普段は「骨盤」腔の中央にあります。(妊娠していない時) しかし妊娠すると、赤ちゃん(胎児)、胎膜羊水胎盤など、赤ちゃんの成長に伴い大きくなっていきます。 骨盤という骨で囲まれていますので、赤ちゃんの成長とともに収まり切らず、骨盤より上方へ腸を押し上げ、おへそ側へと大きなお腹となります。

「お腹が大きくなるのに筋肉や血管は切れたりしないのか?」

  • 子宮を構成する筋肉は伸びて大きくなります。

  • その子宮壁にある血管は、前もって長く蛇行し螺旋(ラセン)構造になっているため切れたりしません。不思議に作られていますね。

この骨盤周囲を柔軟にして血液等の循環を促進すると、子宮に良い効果がありそうですね。子宮が収縮してしまう更年期世代、ともかく女性にとって良い作用がありそうだ、、な感じはお解りいただけるかと思います。

骨盤周囲には

  • 血管が密集し太い動脈もある。